スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九州旅行19日目:熊本市観光


より大きな地図で ママチャリ旅行19日目:熊本市 を表示


1253571422-090919_1032~01001.JPG
朝。まずは熊本駅へ。

観光案内所に57号線でチャリを漕いで阿蘇神社に行けるのか聞くと、やはり傾斜はきついようで、なんとなく無理っぽそうです。


阿蘇までの道程はJRで片道1080円。阿蘇神社のためだけに2000円以上を払うのは精神衛生上よくないので、あきらめようと思った矢先に駅の広告が目につきます。


あそ1962
サイクルスペース


なんか列車の中に自転車を乗せているように見えるんですがッ!


案内所に戻り、あそ1962の自転車料金を聞くと、300円の特急券のみで自転車代はいいそうで。
時刻を聞くと、10:12で、次は十一時代(誤解)ということで、何本もあるんだろと思い、熊本市内を観光したのち列車で阿蘇に向かおうと思いたちます。

1.列車に自転車を乗せるという行為

2.レトロなあそ1962。車内も昭和を感じさせる雰囲気

3.阿蘇地域から佐賀方面へ自転車で下っていく疾走感(帰りは自転車で)


流石あそ1962!
俺たちにはできないことを平然とやってのける!


というわけで、まずは熊本城に向かいます。

途中で北岡神社という社を見つけ、おもわずフラリ。


樹齢1000年を超す一組の夫婦杉がお出迎え。
神門は黄色の模様が描かれ目をひきます。
参拝し、御朱印をいただくと、境内に置いてあるものとは異なる由緒書と御朱印の説明書をもらいました。

この神社は京都の祇園社から御分霊を勧請した祇園社です。
1154年に近衛天皇より賜った「日本第弐 西九壺(少し字違う)社」という言葉が朱印に用いられており、日本第二、西で第一の祇園社という意味だそうで。そういえば有名な祇園社ってあまり知らないなぁ。


日本三大名城の一つ、熊本城へ赴きます。


城の敷地のだいぶ端に料金所があり、うまいことやるじゃないかと思いながら入城。


熊本城は、1607年に加藤清正が建てた城です。
彼が植えた銀杏の木に基づき銀杏城と呼ばれました。
銀杏が天守閣と同じ高さになる頃何かがおこると清正公はいわれ、それはちょうど西南戦争頃だったようです。
戦争直前に謎の火災が起き、城は炎上。
銀杏も焼け、櫓や石垣だけが残りました。


なんといっても特長は石垣で、武者返しと呼ばれるそれは、上にいけばいくほど急角度になっています。
反り返った石垣の守りは堅牢、西南戦争では炎上後でも50日余りの籠城に耐えました。


……………。



うん。すごい、すごいよ熊本城は。


去年再現された本丸御殿は中に昭君之間が作られて、金ピカで、施設もきれいですばらしいよ、うん。


でもね、写真がない!

いくら細々説明しても写真がなきゃダメだ。

面白くないから!
私の拙い文章だけではまるで伝わらない!


ということで、熊本城はすごかったです。本丸御殿もすごくて、櫓内も入れて、博物的な意味では今までで最高に楽しめた城でした。家に帰ったら写真を織り交ぜた改訂版をブログにアップしようと思いますが、とりあえず宿題をorz


その後、清正公を祭り大河ドラマ化署名募集中の加藤神社、ちょうど例大祭中で市内を大きな馬とともに多数の団体が声を張り上げて練り歩く祭事をやっていた藤崎八幡宮などをまわりました。


目をひいたのが、城の東側にある熊本城稲荷神社です。
境内にたくさんの観音像があったり、巫女さんになりきるハリボテがあったり、日韓友好のハングル守りを頒布しています。
境内には恋のポストなるものがあって、神様に恋愛のお願い事を届けてくれるそうで、「前世で契りを交わした女性と運命的な出会いを果たしたい」みたいなことを書いてたら、名前を書くまえに風に飛ばされ、立ち入り禁止の看板を易々と越え、届かない位置に。


流石にそれは無理、とそういうことですね神様。

叶えることのできないこともある。今はそれを分かってほしいと。

私の凍て付いた心を溶かすには最早これしかない!と思っていたのですが、恋愛への最後の切符を飛ばされてしまいました。
まぁ人は常に変わっていくものですから、時を経て立ち入り禁止の表示がなくなるかもしれませんし、そのうちに氷が溶けてくれるかもしれません。
温暖化ですしね。


なんてことをやったのち、あそ1962に乗る気ムンムンで駅に行き、10:12発の一日一本のみと知りました。

次の日に相棒の自転車をのせ、あそ1962の旅を満喫するのですが、それはまた後日。


走行距離15km
食費620朱印900入城料500冊子200指定券300
計2520円
スポンサーサイト

テーマ : 自転車旅行
ジャンル : 旅行

コメント

非公開コメント
twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
お世話になってます。
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

りひ   

Author:りひ   


ほどほどに神社が好き旅が好き漫画が好きゲームが好きな大学生。それぐらい。twitterでもボソボソ

↓のボタンを押していただけると、ランキングが上がって私がムスカ大佐に近づける仕組みです。
にほんブログ村 大学生日記ブログへ
blogram投票ボタン

FC2カウンター
ツール
あわせて読みたいブログパーツ Ferretアクセス解析
よく利用するSHOP
ナインテイルの侵攻が来たぞ!
管理人の好きなあれこれ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。