スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九州旅行15日目:鹿児島神宮と足湯での出会い


より大きな地図で ママチャリ旅行15日目:霧島市?指宿市 を表示


1253137866-090907_1458~01.JPG
午前8時。


鹿児島神宮着。


神職さんや巫女さん、関係者と思しき方がみんなで境内の掃除をしてます。


早く来た私に挨拶をしてくれます。大勢が掃除する中を、私一人がいそいそと参拝。
社務所も出払っているのですが、この調和を崩したくはなかったので、朱印は後にして朝食と近くの摂社を訪れに。


卑弥呼神社は邪馬台国が九州説で確定している説明書や、巨大な埴輪のような卑弥呼像がおもしろいです。


石体神社は、鹿児島神宮がかつてあった場所のようで、今でも重んじられています。


近くの公園で、作りたてのソーセージおにぎり弁当を食べ、再度鹿児島神宮の境内に行ったのは丁度9時。


まだ社務所に誰もおらず!!!


それどころか境内にもいないぞ?とみまわしてたら、拝殿の方から笛の音が。

そーか15日はなんかの儀礼があったっけかと一人で得心し、少し山の方に入る稲荷社にお参りして、9時15分。


まだまだ儀式は終わらない!


うーん、これは神様がやめとけっていってるのかもしれんと去りかけた時に、七福神みくじが目につきました。

七福神みくじは普通、200円のところが多いのですが、ここは100円。今までやったことがなかったが、今こそ勝機!いざ引かん!



“大吉”



宇佐神宮に続き、二連続でキター!



“失物 出てきましょう”


小銭入れお願いします!1700枚の写真とお金!そして鍵がないと家に入れないので…


“旅行 交通事故に注意してください”


ごもっともなだけに、このストレートな物言いが怖いです。いっそう心に留め置かねば!

“方向 進むのは西がよろしいでしょう”


実はまだ夏期の課題が終わってません。量的に考えて9月25日には家に帰りたいな?なんて考えていて、指宿市の一宮である枚聞神社に行こうか悩んでました。これは南西である神社に行かずにすぐ帰れってことですか?


なんて考えていると、上部の「言」に目がいきました。


“学ぶに暇あらずという者は、暇ありといえども亦学ぶ能わず”



うおおおっ!!!
なんという俺!!!


ここで指宿市に行かなければ貴様は生涯行くことはないわ!
課題を出来る時にやらなかったお前が、神の社を無視して暇を作る?
ハッ!!片腹痛いわ!
…な、何笑ってんのよ。
べ、別に来てほしいって言ってるんじゃないんだからね!?

(枚聞神社祭神 アマテラスより)



よし 指宿に、行こう。

ちなみに七福神は毘沙門天でした。義!!
子宝を授ける神様でもあったのですね。知らなんだ?


間を置かすに鹿児島神宮で御朱印をいただき、30km先の鹿児島市中央部へ向かいます。


桜島が?見えてきた?♪
本当にモクモクと煙出してます。
篤姫はチラッとしか見てなかったのですが、雄大な桜島の映像が記憶に残ってました。
海沿いの10号線なので非常に美しく見ることができます。交通量が多くてヒヤヒヤしましたが。


鹿児島市中央部に着いて、西郷どん像を撮り、中央公園でパンを食べ、島津斉彬を祭る照國神社へ。


島津斉彬は18代目薩摩藩藩主で、篤姫の父でもあります。
ドラマでは高橋英樹さんが演じ、現在生誕200年ということで、照國神社のイベントにもおいでになるようで。
日本の国旗を作成したり、大砲、造船、ガラスなどの工場を建て、国を強くしようとしたお方。


照國文庫資料館は、現在無料で見ることができます。小さめですが、VTRが薩摩の美しい景色とともに島津家を学べる素晴らしい出来で、一見の価値ありです。


その後、ドルフィンなんちゃらという海辺のモールで足湯に漬かりはじめると、隣のお婆さんが声をかけてくれました。

お婆さんの言にならい、体から汗がでるまで(サウナみたいで気持ちE)30分近く話してました。
自転車で来ていることを言うと、そんな勇気があればなんでもできるねェとのこと。
自転車話は年入った方であればあるほどすごいと褒めてくれる気がします。

最近思うのです。人間の行動は数あれど、どれだけ勇気のある行動を取ることができるかで人は讃えられるべきじゃないかと。

僕たちは人間で、未来なんて誰にも分かりません。
成功か失敗かなんて、本来は人間の力で操れることじゃない。
だから、成否で人を計るべきではなく、たとえそれが失敗に終わっても、それまでの苦悩と決意こそ、それでも成功を目指していく姿勢こそ、最も尊ぶべきものなんじゃないかと。


お婆さんにも在学中のお孫さんがいるようで、おばあさんに電話をかけてあげなさい喜ぶからと汗をかきながら言っていました。
こまめに無事を伝えること!心に刻みました。


50km弱離れた指宿市へ向かいます。指宿市は鹿児島県の下に二つ突き出た半島の、左側の方のさきっちょにあります。

R225→217→219→226と通りましたが、中でも鹿児島市南側の217号線は大規模チェーン店が立ち並んでいて、ワクワクします。
暗くなってきていましたが、226の指宿方面は車通りが少なく比較的安心です。


夜10時。
指宿駅前でまたも足湯を楽しんでいると、二匹のかわいい犬を連れた夫婦が入りにきました。

仲の良い夫婦でした。旦那さんが渋くて、奥さんが肝っ玉って感じです。

旦那さんは、アナゴさんやセル役でお馴染みの若本さんに声がそっくりでドキドキ、時々ポツリと冗談を漏らします。
奥さんが解説役をつ
とめ、この人も若い時に電車で日本をまわったのよとか、定年になったら自動車で日本を周ろうって言うのよーと素敵な話を聞かせてくれました。


指宿市の観光地や、北上していく時の道路も丁寧に教えてもらえました。
やはりある程度行くと三号線であがるしかないようで、通称渋滞道路、狭い道はすごく狭いそうです。泣きたい…


去り際に旦那さんがあの声で、「気をつけろよー。これから…まあ、大変だろうなぁ。」
三号線…、お前って奴は…。


走行距離101km
食費984朱印600備品105
計1689


教訓:足湯は年代を越えたルイーダの酒場。見かけたら入ってみよう!
スポンサーサイト

テーマ : 自転車旅行
ジャンル : 旅行

コメント

非公開コメント
twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
お世話になってます。
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

りひ   

Author:りひ   


ほどほどに神社が好き旅が好き漫画が好きゲームが好きな大学生。それぐらい。twitterでもボソボソ

↓のボタンを押していただけると、ランキングが上がって私がムスカ大佐に近づける仕組みです。
にほんブログ村 大学生日記ブログへ
blogram投票ボタン

FC2カウンター
ツール
あわせて読みたいブログパーツ Ferretアクセス解析
よく利用するSHOP
ナインテイルの侵攻が来たぞ!
管理人の好きなあれこれ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。