スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと座談会やってみたその2:面接練習

先週の記事の『ちょっと座談会をやってみた』で、友人を集めてくっちゃべったのですが、今回はその続編です。就活訓練として、4人で面接練習を行いました。

用意したものは2つ
・評価シート(こちらの評価基準をアレンジして、5段階で評価。良かった点・悪かった点欄など)
・質問例(こちらの就活頻出質問集)

応募者役1人と面接官役3人での面接練習を交代で行い、評価し合いました。
私の応募者役ターン!ドロー!!


面接官「尊敬する人物を教えてください」
私「私の尊敬する人物は徳川家康です。彼の言った言葉に・・・、(ここから一億光年)・・・やはり変えます。」
「ニーチェという哲学者がいます。彼は人間の目指すべき姿として、超人と言う言葉で指し示しました。・・・(ここからパラダイス銀河光年)・・・すいません答えられません。」

気取ろうとして完全に失敗しております。
本当にありがとうございました



面接官「今会いたい人は誰ですか」
私「母親です。クリスマスが近いので、母と、家族と一緒に過ごしたいです。」

何言ってんのこの人


面接官「今最も興味のあるニュースは何ですか」
私「鳩山一郎さんの母親からの政治献金・・・、ええーと母親からの資金問題です」
面接官「すいません今鳩山一郎氏とおっしゃいましたが?」
私「鳩山由紀夫さんですねすいません・・・。」

もう死なせてください!
哀れな私を死なせてやってください!



デッキがあったら全力でサレンダーしているような時間が続きましたが、「終わりのないのが終わり。それが(ry」という話でもなく、なんとか私のターンも終わってくれました。もうライフは0よ!
面接官役からは、「えーと・・・」が多いのと目線が動くのと笑顔で話して欲しいという指摘を受けました。そして一言でいうなら、「可もなく不可もなく」だそうで。こっ、これがけっしてよい意味で使われない'普通'というやつか!!いやむしろこの出来で普通と評価してくださった面接官役の優しさよ!

逆に友人を評価する時は、直すべき点は見つかったものの、私より内容がしっかりしていて言いよどみがなくて、おもしろくて感心してしまいました。何故そんなに滑らかに、内容のある話ができるんだ・・・。4人でそれぞれどこがいけなかったのかを指摘しあって、私はそのうちの一人に、少し日常会話っぽくなってしまっている(どんどんテンポもはやくなっていって、助詞を省いたりしている)と指摘して、会合を終えました。

終えたのですが

面接時の自分が物凄く不甲斐なかったので、終わってすぐPC室に駆け込み、面接練習の参考になるようなサイトをいくつか見て回っていたのです。すると、偶然たどりついた就活アドバイザーのblogに、面接は頭の中からひっぱってくる暗記ではなく、その場で考える会話でなければならないという内容があって。

覚えておくのじゃ駄目。忘れたらどーするの。頭真っ白になるでしょ、と。話しているのは今の自分でしょと。

そもそも丸暗記なんかして、思い出そうと唸っていたら笑顔なんか出せないよな?と、妙に納得させられてしまいました。緊張しいで堅苦しい私は、会話のような意識で挑んだ方が良さそうだな?と。もっとリラックスして、柔らかく、笑顔で・・・。くそっ、無理ゲーすぎる!でもやらねばならぬ!自然な笑顔と言われて自然にできるかッ!でもやらねばならぬ!


今日の学びは、
面接は暗記ではなく会話
会話しようぜ!!たとえ火の中水の中草の中、面接の中♪

私が会話っぽいと指摘してしまった友人君、見てないけど本当にごめんなさい。キミはキミのままでいてくれッ!
スポンサーサイト

テーマ : 大学生日記
ジャンル : 日記

ちょっと座談会やってみた

14日に、同学年の大学生を集めて座談会のようなものを開きました。
友人の友人を交え、初対面ツを合わせた6人の会合です。


私「さて、まずこのような会を開こうと思った趣旨を説明させていただきます。初対面の方もいらっしゃいますが、友人の皆さんとはモンハンやらマージャンを通して互いに交流を図ってきました。でも、それはモンハンやマージャンというツールを用いて交流していた部分があります。もしそのツールが無くなってしまったなら、私たちの交流はなくなってしまうのやもしれません。それはあまりに寂しい。そして、大学生活を振り返ってみると、講義は受身で聞くばかりで、自分たちが主体的に議論を交わすという経験がありませんでした。今、私たちは就職試験の面接で、相手に自分の気持ちを伝えるということが求められています。今回は私たちの共通項である、オタクやコンテンツについての議論を交わそうということですが、私たちはモンハンでもマージャンでもなく、議論をするために集まったのです。発言をして、相手に自分の気持ちを伝える訓練をしていきましょう。はっきりした口調を意識したり、語尾のトーンが下がる癖を直したり、相手にしっかりと伝わるように意識して発言しましょう。個々人が何かを学んでいける会議にしていきたいと思います(キリッ」


と恥ずかしくて痛痛しいことを超真面目に語った上で始まりました座談会。
実際にはもっとgdgdで噛み噛みですが、皆様には美化された姿を!文章力の低さは置いといて><;

漫画の話から始まり、アニメに派生、マクロスの話で4人の会話になっていたので話を切って。ガンダム→東方→バイトの話、「何故私たちはバイトをやらないのか」という思いつきを提案するも重そうな話だとスルーし、パソコンの話→中学校の技術の授業を語ったところで・・・。


最初の所信表明演説はなんだったんだ?
どんなお固い話をするかと思っていたんだが。
国会なら演説に違反していると叩かれるレベル

というツッコミが入りました


まぁ初対面の方もいますし、最初ですのでカルピスソーダとサッポロポテトを食べながら、親睦を深めるという感じで気軽にやりますかというような発言はしたのですが、やはりギャップがあったようです。親睦と議論の二つのいいとこどりをしようとしたのがいけなかったですね。猛省。私自身手探り状態で、ビジョンが明確でなかったのが一番の原因です。


その後、初対面がいるのに自己紹介をしてないという指摘も入り、簡単に紹介。名前からアダ名の話になり、私が自爆し、ギャルゲの話から歴史の話、オタクの定義になって、宗教話、軍事と政治でフィニッシュ!


「金は目的でなく手段であることを履き違えてはいけない」
「今回の政権交代は派閥交代。福田赳夫→田中角栄へ」
「日本は武器を輸入しているから軍事費がかかる。(日本で作っている場所も?)かといって・・・」
「政治家と秘書の分離。秘書は国が用意。政治家がやめても秘書は変えない。」
「本気で政治やるなら目隠しで」

色々興味深い話もあって、個人的には学びの機会となりました。


録音したので聞き直してみると、前半は個々人が独り言をブツブツ交わしている感じが強かったです。発言じゃなくて日常会話になってしまっています。議題が漠然としていたのでしょうがない部分があるのですが(私のせい)、親睦を深める意味ととればそんなに悪くはなかったのかもしれません。
後半は宗教、政治、軍事などで個人の意見を聞ける場面が多かったですが、専門的になりすぎてついていけてない部分もありました。意見を言う人も決まっちゃっていたので、皆が意見を言えるように回していかねばならないと思いました。もちろん、議論に参加出来ないのは自分自身が議論する力がないから(単に話題についていけないだけではない)、という認識もしっかり持つ必要があります。次に同じようなことをやるならば、国会のように、個人が自分の意見を言う時間、それに対する意見の時間を区切ってやってみようと思います。その間は私語禁止みたいな。

課題
・皆で意見を出し合い、皆で会議を進めていこうという意識の定着(司会に与えられたことを言うだけじゃ×。会議自体を皆で考えていく)
・日常会話じゃなくて発言を。呟かずに皆に聞こえるようはっきりしゃべる。個人語りでなく意見と質問を。
・どうやって意見を持つか。どのような議題がふさわしいか
・意欲的になるために、面白さも必要。自分たちでおもしろい企画をクリエイトしていく意識

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

あぁ、パンツよ・・・。

今日は馬鹿話でも。


昨日のゼミの中で、パンツの話がありました。無論、パンツ↑の方ではなく、パンツ↓。


それで言っていることがわからなければ、言い直しましょう。
下着、パンティー、アンダーパンツ。もしくは、ロマン、夢、理想郷
男には、どうしても行かねばならない場所がある。その一つが、パンツ。


皆さんは日本におけるパンツの起源をご存知でしょうか。
古来、日本人は着物を常用する上で、パンツは履きませんでした。有体に言えばノーパン。
腰巻はあったそうですが、かなりスースーしそうですね。
そんな日本人が何故、かくも愛らしいパンツを履くようになったのか。
そこには涙無くしては語れない、悲しい物語がありました・・・。




時は1932年、12月16日。


クリスマス商戦で大賑わいの白木屋(古くは江戸時代から呉服屋として繁盛したデパート。今の東急日本橋店の前身)の店中にある、クリスマスツリーが炎上。あっという間に燃え広がり、客や店員が取り残されます。


逃げ遅れた人たちはパニックに陥り、大型デパートの上階からロープを垂らして外へ脱出しようとするのですが


当時の女性達は和服を着ることが多く、パンツを着用していませんでした。
残された女性達は、デパートの下で火事を眺めている大勢の野次馬たちの目を意識してしまいました。
下半身を晒さないように着物の裾を押さえながら降りようとして落下したり、大事な部分を晒すぐらいならとそのままとどまって焼け死んだ人がいたと言われています。


その事件を契機に、パンツが世の中に広がっていたとか。


パンツが見える。―羞恥心の現代史 (朝日選書)パンツが見える。―羞恥心の現代史 (朝日選書)
(2002/05)
井上 章一

商品詳細を見る

この時の事件がこんな本にもなっちゃったりしてます。
先生曰く、民俗学関連の本にも多数とりあげられています。
いろいろな疑惑が持たれている事件ではありますが、私の先生はこの事件がパンツを穿き出した大きなきっかけであることを素直に信じてたので、まぁ私もそんな感じ。


何故ゼミでこんな話になったかといいますと


歴史経済学において、速水融さんが、6日前の11月3日に文化勲章をもらったからなんですね。
歴史と言えば、信長・秀吉・家康など、歴史に名を残した人を学んだり、戦争や革命などのスケールの大きい出来事を学ぶイメージがあると思います。
ただ、速水融さんの歴史人口学は違う。その時代に生きた庶民たちの生活を一つ一つ観察して、歴史を捉えていこうというもの。何も名を残していないような、一般的な人々の生きざまこそ、その時代に根差した歴史なのではないかという考えですね。巷では戦国武将ブームが取り上げられますが、速水融さんが築いた歴史人口学というのがここ数十年前からの歴史学者の中での潮流だったりします。私もゼミでそういうことを学んでおります。


つまり、庶民の文化にこそ、その時代や民族を知るポイントがある。
そういうことを言いたくて、先生はパンツ話を出しました。
日本人の恥の精神、パンツの流布の起源。それらはけっしておもしろおかしいというだけではなく、我々が受け継いできた精神を素直に表しているものなのです。


彼女達が残した日本人の精神の体現。
日本人のパンツには、そんな想いが込められています。
パンツを穿くときに、尊い犠牲の上に今の形があることをたまに思い出してみてください。
とりあえず露出狂の方々には、彼女達の精神を見習ってもらいたいものです。

テーマ : いやっほぅ(*´∀`*)ノシ+゜
ジャンル : 日記

集団とは?組織とは?

昨日の大学の講義で、人間関係についてちょっと考えることがあったので書きます。


まず、集団とは何かについて。


集団とは、個人が集まったもののことですが、メンバー同士の係わり合い、つまりコミュニケーションがないと集団とは言えないのだそうです。


そして、組織。


バーナードという学者が言った、有名な組織の定義があります。


『二人以上の人々の、意識的に調整された諸活動、諸力の体系』


ちょっとわからんちんですね


定義は置いておいて、組織に必要な3つの要素から理解してみましょう。


?共通目的
?協同意欲
?コミュニケーション


これらが欠けてしまっていると、組織ではないそうで。
まぁバーナードの定義では体系化が入ってますが、ここでは置いておくとして。


皆が自分の意志で働きかけて、協力しあい補いながら目的のために活動する集団。


これが組織と呼べそうです。


コミュニケーションを図る個人の集まりが集団、目的協力する意志をもった皆が活動していく集団が組織。
個人→集団→組織


友達との関係を見ると、いつもはただの集団だけど、旅行を企画して、皆が車を運転しあったりルートを考えたりと協力的である場合は組織と呼ぶ存在になりえますね。


ただそれって結構難しくありませんか?


私の場合、ただ飲み会をしようとするだけでもなかなか皆が協力的にはなってくれないです。
時間とかお金とか場所とかいろいろな制約があって、なかなか飲み会が皆の中で'目的'足りえない。
そして、自分自身もなかなか目的のために、協力的に話を進めようとできない。


学校行事とかで言うともっと難しいですよね。
文化祭の出し物や合唱コンクールの練習をしようとしても、なかなかやる気を出そうとしてくれないクラスメイト。クラスを一つに、って簡単な言葉ですけど非常に難しい。


集団→組織へと移行するのはなかなかに難しいと思います。
みんなの目的を一致させて、なおかつそれに向かって意欲的に活動させる。


友人関係にもかかわらず、組織化することができないだろうな?と思う自分の今の現状が、少し寂しく思えました。もっと親しい人間関係であれば、皆で協力し合って何かを成し遂げることは可能だと思うからです。


あなたは、友人達と協力しあって、目的に向かって進むことができますか?

テーマ : ちょっと聞いて
ジャンル : ブログ

twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
お世話になってます。
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

りひ   

Author:りひ   


ほどほどに神社が好き旅が好き漫画が好きゲームが好きな大学生。それぐらい。twitterでもボソボソ

↓のボタンを押していただけると、ランキングが上がって私がムスカ大佐に近づける仕組みです。
にほんブログ村 大学生日記ブログへ
blogram投票ボタン

FC2カウンター
ツール
あわせて読みたいブログパーツ Ferretアクセス解析
よく利用するSHOP
ナインテイルの侵攻が来たぞ!
管理人の好きなあれこれ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。